XYZプリンティング 産業用3Dプリンター

知りたい!3Dプリンター情報【トレンド 2】マスク不足を解消 3Dマスクを開発

3Dマスク情報

3Dスキャナー、モデリングソフトウェア、3Dプリンターを使用して製作。3Dスキャナーで人の顔をスキャン、スキャンデータを元に顔の輪郭に合わせて3Dマスクを設計した上で試作を繰り返し、人の輪郭と顔の各パーツの形状に沿ったフィット感のある最適な形状を実現しました。柔軟性と耐久性のあるナイロン粉末材料を使用し軽量で水や洗剤での洗浄もできるので清潔かつ繰り返しの使用が可能となります。また内部には布、ガーゼ、紙類等、使用者が選んだ素材をセットできる仕様となっています。



完成品(実物写真)

【男性用マスク設計データ】寸法:横151mm × 縦109mm × 奥行61.6mm / 重さ:7g / 使用材料:ナイロン
【女性用マスク設計データ】寸法:横135mm × 縦98.2mm × 奥行55.4mm / 重さ:7g / 使用材料:ナイロン
3Dマスク画像(1)
3Dマスク画像(2)
FDM3Dプリンターで造形した3Dマスク

3Dプリンターをお持ちの皆様が良く使用されているFDM3Dプリンターで造形してみました!(使用材料:PLA)

3Dマスクの製造過程

人の顔を3Dスキャナーでスキャン

① 人の顔を3Dスキャナーでスキャン

顔のマスク部分を抽出

② 顔のマスク部分を抽出

顔のデータからアウトラインを作成

③ 顔のデータからアウトラインを作成

マスクの形状にCAD設計

④ マスクの形状にCAD設計

顔にフィットするようにモデリングソフトで編集

⑤ 顔にフィットするようにモデリングソフトで編集

SLS 3Dプリンターで造形

⑥ SLS(レーザー焼結法)3Dプリンターで造形

造形後、後処理を行い完成

⑦ 造形後、後処理を行い完成

3Dプリンターマスク作成工程(動画)

3Dマスク設計データ ダウンロード

男性用マスク設計データ(厚手/薄手・STL形式)

zip(3.15 MB) 更新日:2020/04/01 ダウンロード

女性用マスク設計データ(厚手/薄手・STL形式)

zip(3.15 MB) 更新日:2020/04/01 ダウンロード

子供用マスク設計データ(厚手/薄手・STL形式)

zip(2.40 MB) 更新日:2020/04/01 ダウンロード
※ ダウンロードしたSTLファイルをWindows標準アプリの「Print 3D」で開いた場合、見積原価が表示されますが、この価格はアプリが自動計算したもので当社では関与していません。

3Dマスクの使用方法

【準備するもの】耳掛け用のゴム2本、内部にセットする素材(布、カーゼ、ペーパ類)、素材を固定するゴム

両サイドの穴に耳掛け用のゴムひもを通す

① 両サイドの穴に耳掛け用のゴムひもを通します。

素材を内側にセット

② 素材を内側にセットします。※ 素材がズレてしまう場合は、上下の切込みに輪ゴムをかけて固定してください。(セロテープでの固定でも可)

装着後、ゴムの微調整等を行い完成

③ 装着後、ゴムの微調整等を行い完成。※ 洗剤等で洗い拭いて乾燥させ、繰り返し使用することができます。

プレスリリース

株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花達也、以下イグアス)は、新型コロナウイルスの感染拡大による深刻なマスク不足を受け、自社で販売する3Dプリンターを活用し、繰り返し利用可能な独自のマスク(以下3Dマスク)を開発。3月下旬より、まずはイグアス社内に試験的に配布、社員のフィードバックを基にさらに改良を重ね、より広範な3Dマスク製作の展開を目指します。またオリジナルで製作したマスクの設計データ(STLデータ)を無償で公開し、3Dマスクの普及を働きかけていきます。

【記事の続きはこちら】

3月23日配信プレスリリース
https://www.i-guazu.co.jp/topics/2020/03/20200323-news.html

データ作成協力会社

RIS3Dデザイン
会社名:RIS3Dデザイン
株式会社SELECT D
会社名:株式会社SELECT D